加齢だけではない頬のたるみの原因

それほど年をとっていないのに皮膚にたるみがあることが気になっている人は多いですが、なぜ肌がたるむのでしょう。コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸などの保湿成分が不足していると、皮膚の弾力は保持できなくなります。この頬のたるみの原因は、これらの肌成分が不足することにとって、ハリや弾力が失われることです。紫外線の作用で肌の老化が進んだり、睡眠不足や不健康な食事も関わりがあります。パソコンやスマホの普及によって、長時間使用している人は、姿勢が悪くなりがちです。身体に負担のかかる姿勢で長時間いると、そのせいで血液の流れが滞ることがあります。猫背の姿勢は顎を前に出し、頬に下向きの負担をかけることが多くなるので、皮膚のたるみや、血流の阻害がよく起きます。常日頃、猫背や、体の片側に重心を置いた姿勢でいつづけると、身体に歪みが現れて、皮膚のたるみがわかりやすくなります。猫背によって背骨を支える筋肉が衰え、使わない筋肉はさらに退化し、体を支える筋肉にさえ影響を及ぼすようになります。お肌のシェイプアップをはかり、頬のたるみを改善するには、皮下脂肪が増えないような食事の節制が重要です。行きすぎた食事制限、無理なダイエットは代謝を下げて、たるみを悪化させてしまう可能性もあるので、ほどよく摂取は必要ですが、過剰摂取は避けましょう。フェイスマッサージで顔の血流を改善し、皮膚を引き締めて頬のたるみを解消することもできますが、皮膚にダメージを与えないようにしましょう。